(独)日本学術振興会
マイクロビームアナリシス第141委員会
学振141委員会は9期46年間にわたって、日本でのマイクロビームアナリシスに関わる研究・開発の中核として活動してまいりましたが、2019年度末をもって、その役目を終えることとなりました。 今後は学振R026委員会および表面真空学会マイクロビームアナリシス技術部会として、新たな活動を進めてまいります。
長きにわたる産官学の多くの皆様のご尽力に感謝致しますと共に、引き続き、新委員会および新技術部会へのご支援、ご協力を賜りますよう、お願い申し上げます。

入会案内

日本学術振興会第141委員会は、学術振興会に設置されている産学協力研究委員会の中でも最も活発に活動をしている委員会であり、主に、電気・半導体、鉄鋼・金属、ガラス・セラミクス、高分子・生体関連などの多くの研究開発分野における材料・デバイス等の解析・評価研究において産学協力の場として貢献して参りました。

本委員会は、昭和49年榊米一郎委員長のもとに発足いたしましたが、実は、昭和14年5月に財団法人日本学術振興会のなかに設置された電子顕微鏡第37小委員会(委員長、瀬藤象二先生)–通称瀬藤委員会–の流れをくむものであり、瀬藤委員会が電子顕微鏡開発において展開した産学協力の伝統を受け継いでいるものであります。

本委員会は、平成16年9月より第7期の活動が始まり、平成21年9月からの第8期へ向けた新しい活動を開始しております。装置化技術開発部会、人材育成部会、国際学術交流部会の三つの部会を設置し、年4回の研究会、種々のWG 会議、「新材料とデバイスの原子レベルキャラクタリゼーション (ALC)」や「二次イオン質量分析 (SIMS)」国際会議等を通して、産学協力の具体的成果を生み出すべく最大限の努力を継続しているところで御座います。 また、本委員会では各委員が活発に研究・開発活動を行い、現在までに20件近い「大型研究予算」を獲得し高度な研究を継続しております。

貴社に置かれましては、私共の産学協力委員会活動を御理解いただき、委員会のユニークで活発な活動を共に推進すべく御協力いただくと共に、多くの価値ある波及効果を生み出すところの本委員会の活動の成果を共有していただきたく、マイクロビームアナリシス第141委員会へのご入会をお願いを申し上げます。 なお、本委員会の法人会費は一口9万円(以後一口毎に3万円)とさせていただいています。

本委員会へ入会を希望する法人の方は、当委員会幹事(secretariat@jsps141.org)までその旨ご連絡下さい。 追って本委員会から連絡を差し上げます。

日本学術振興会マイクロビームアナリシス第141委員会